ドラえもん非公式ファンブログ「ドラえもん.jp」

ドラえもんのファンサイトです。小学館が所有していたドメインを使用してます。楽しいドラえもん情報ブログです。みなさん楽しんでください。

ドラえもん「不適切な表現で回収されたDVD」とは?

time 2016/05/18

 この記事は約 6 分で読めます。

ドラえもん「不適切な表現で回収されたDVD」とは?

sponsored link

ドラえもん不適切表現DVD回収騒ぎとは

小学館は (2012年)4月23日、同社が発売元のDVDに収録した「ドラえもん」テレビシリーズの作品中に、「児童向けアニメーションにはふさわしくない言葉が書き込まれていることが分かった」として、販売済みDVDの回収・交換を行うと発表した。

こうしてドラえもんのDVDが回収されたという。

一体何が不適切な表現だったのか。

不適切な表現があり、大山のぶ代時代のドラえもんのDVDが回収されたというが、何の事は無い。

のび太のノート画像

回収されたDVDは、「一生に一度は百点を」(1979年放送)という話が収録されたDVDで、のび太のノートの中に、おそらく、当時のアニメ制作スタッフがいたずら書きをしていたのだ。

  • 交流回路で消費される精力
  • 交尾回路で消費される電力の例
  • 負荷がコンドームーの時

私の個人的な見解、このネタの解説。

これを私は、『今の世代の人は、大騒ぎして「これは!!DVDを回収して訂正しなければいけないのだ!!」と、思ってしまうほどのことだと思うんだな』と思った。

このネタの構造の解説

私的(わたしてき)には、このネタは、

交流回路 (こうりゅうかいろ)という実際にある電気回路と、一瞬、見間違う様な交尾回路 (こうびかいろ)

それに、電力に対する、精力 (せいりょく)

それを互いに入れ子 (いれこ)に配置 (はいち)した上で、

負荷 (ふか)に、コンデンサーではなく、コンドーム。にただ単に置換するのではなく、少しひねってというかコンデンサーに合わせて、コンドームーと伸ばしてみたところなど、ただのアホがいたずらを書いたというよりは、ある程度勉強ができる、まともな大人が作った遊び心みたいなものを感じて、なかなか評価できるのだが。

これを見て理解する側に問題は無いのか。

これを見て、単に、コンドームという単語が出て来たから、『単に、下ねた。』と断罪してしまう方が、知性が足りないんじゃないか?と思ってしまう。

入れ子に配置する事で、これを見た人が不快にならない様にする配慮まで、きちんとなされているではないか。

しかもほんの一瞬出てくるのび太のノートの中身にである。

この一瞬に詰め込んだギャグに私は敬意を表したい。

長年、問題にもされてなかったものが、なぜ、今更。

この、「一生に一度は百点を」の話が、DVD化されて販売されたのは、回収された2012年4月23日よりもっと、ずうっと、以前である。

10年以上たってるかもな。てか、この程度、ドラえもんを知ってるファンなら、知っていた話である。

あえて、ネタにする程の事ではなかったし、

多くの理性的なドラえもんファンは、「大騒ぎして、このネタが問題になってしまったら困る。」と思っていたのである。

「当該場面をご覧になり、不快の念をいだかれた方に、心よりお詫びを申し上げます。また長きにわたり事態を掌握しなかったことを、深く反省しております」と謝罪している。
問題の映像を削除して修正したDVDを新たに作成し、交換で対応する。購入者に対し連絡を呼びかけるほか、店頭在庫の回収・交換を進める。

結論づけていいのか分からないけど私の結論。

まあ長い間放置されてたという事は、特に問題だと思う人もいなかった訳であるし、
ここまで作り込まれた完璧な作品に、「不快の念を感じてしまう様なバカはいるのか?」と私なんかは思う訳だが。
まぁ確かに、単語だけで、物事を理解せずに、不愉快と感じるバカには、不愉快なのだろう。
でもバカを基準にしてはいけないと思うのだがな。

というのが私の感想である。

こういう、大人になった時に、やっと分かるギャグが、とりあえず、現状で、児童的な内容にそぐわないものだからといって、検閲、削除して訂正。みたいな姿勢は、大人になった時の楽しみを奪ってしまうんじゃないかと思うよ。

関連したツイート

まさに賛否両論である。私が思うに、反射的に反応するタイプは、拒絶し、批判をしていて、頭で考えるタイプは、そこまで批判している人が少ない様に見受けられるが。あなたはどう感じられただろうか??

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


ドラえもん関連サイト

他の国の言葉でサイトを表示

ドラえもん観るならdTV

ドラえもん全45巻セット

STAND BY ME ドラえもん

管理人

大好きドラえもん

大好きドラえもん

ドラえもんが大好きなドラえもんファンのアラフォーです。 ドラえもんはコロコロコミックに大長編ドラえもんが連載で載っていて、読むの好きでした。最新のドラえもんに関するニュースを紹介します。 [詳細]

LikeBoxを表示するには、テーマカスタマイザーSNS設定FacebookページURLを入力してください

よく読まれている記事

最近のコメント



sponsored link

ドラえもんメッセージアプリ

STAND BY ME 主題歌

ドラえもん iTunesシングル

ドラゼミ無料教材プレゼント

広告